ブログ

10年前の自分、10年後の自分

10年前、今の自分想像できた?ブログネタ:10年前、今の自分想像できた? 参加中  私はできなかった派  

おはようございます。

お越しいただき、ありがとうございます^^
今朝はなにを書こうかな~と思ってたところ、「10年前、今の自分を想像できた?」という言葉が飛び込んできました。
想像なんて、全くできなかったな~

今よりずっと自己評価が低くて、なんとかしたくて、自己啓発本や成功哲学本を読み始めたころ。 自分の足りないことばっかりに目が行って、自分以外の何者かになりたくて仕方がなかったころ。 とにかく「評価」してたころ。

そんな印象があります。

もちろん、その時も楽しいこともいっぱいあったんですけどね^^

ただ、その頃は 今の自分は想像できなかったけど、その頃欲しいと思っていた状態は ほとんど手に入っている気がします。

やっぱり、人生思いどおりだな~^^

更に輝かしい自分をイメージして、次の10年後を楽しみにしよっと♫

10年前、今の自分想像できた?
  • できた
  • できなかった

気になる投票結果は!?

秘密の目的。

こんにちは。
お越しいただき、ありがとうございます^^

私は、日ごろから「正直である」ことを大切にしています。

中でも大事にしてるのが、【自分に対して】正直であること。

自分の中に「ある」気持ちや感情を、「ない」ことにしない。

これってちょっと慣れが必要です。

私たちは子供のころから、「人に迷惑かけちゃいけません」と教えられて育ちます。

「いいこにしてね」と言われて育ちます。

  人に迷惑をかけてはならない

  いいこにしてなければいけない(価値がない)

  怒るのは悪いことだ

  嫌な感情を持つのは悪いことだ

いつしか、そんな価値観(観念)ができあがっていて、自動反応で「不都合」な感情はないことにしてしまう。

私もそうでした。

でも、本当は「ある」気持ちを 見て見ぬふりをして「ない」ことにしてしまうと、どんどん自分がなにを感じているのか、なにをしたいのか、なにが欲しいのかが分からなくなってしまいます。

そして感情にフタをしつづけると、変なタイミングで漏れ出たり、爆発したりしてしまいます。

または、全く感じられなくなってしまい、虚無感にさいなまれることになります。

混合のパターンもあります。

だから、「もやっ」は 大事なお知らせです。
「イラッ」も「カリッ」も お知らせ。
「なんだか元気が出ない」も お知らせ。

その中身はなにかな~、正直な気持ちはなにかな~ってことなんです。

  「こんなことで、イラッとしてはいけない」

そんなことはありません。

見るべきは、「こんなことで」イラッとした私は なにが嫌だったんだろう、なにが欲しかったんだろう、です。

昨日も書いたけど、夫に元気がありませんでした。

それに対して、私はどんよりした気持ちで いました。

そのどんよりを観察してみました。

  (あ~、私は無力感を感じてるんだ)

その無力感を見てみると、

  (いつも正直に話す私を夫は受け止めて受け容れてくれるのに、私は夫の力になれてない)

  (もっと夫の力になりたいのに、頼ってもらえない)

そんなことを感じていたのでした。

自分の正直な気持ちが分かったところで、夫に打ち明けました。

しばらくして、夫が

  「開示します! 実は、お弁当を作って欲しいって言いづらかったんだ」
  (今朝、急に言われて慌てて作った)

  「それに、ご飯の前なのにカップ麺 食べちゃったんだ」

えええええっ、そんなこと~? (爆笑)

無意識に、「迷惑をかけてはならない」とか、「嫌がるかもしれない」とか、「愚痴を言ってもしょうがない(言われても困るだろうから)」とか、

きっとたくさんの「秘密」があるんでしょう(笑)

でも、夫の んの些細な「秘密」たちが、「一緒に暮らすことの重苦しさ」につながっていたんです。

恐ろしい~!!!

気遣いのための「秘密」、良く思われるための「秘密」、嫌われないための「秘密」、仲良くするため「秘密」。

ハッ! 「秘密」の目的は いつも、きっと近づくエネルギーだ!!

それなのに、「秘密」が多ければ多いほど、離れるエネルギーになっちゃうんだ!!

自分にも秘密(気づかないなこともあるんだ!!

それは、「もやっ」や「イラッ」が教えてくれる。 

まず正直であること。 そして、正直でいてもらえるように 私も夫のように受け取り力、受け容れ力を磨いていきたいと思います^^

今日のハッと☆
  その「秘密」、本来の目的を達成していますか?

ペタしてね
読者登録してね

愛と自信と。

おはようございます。
お越しいただき、ありがとうございます。

昨日ハッとしたことがありました。

  しっかりしなくちゃいけない

  自信が持てない

  良く思われたい

そんな思い、持ってる人って多いんじゃないかなと思います。

  (ないがしろにされたから) やってあげたくない

  (いつも返してくれないから) 挨拶したくない

  (愛想が悪いから) 親切にしたくない、意地悪したい

なんてことも、あります あります(笑)

みんな自分の自己イメージ通りに生きています。

  しっかりしなきゃいけない ⇒ 頼りないと思っている

  自信が持てない ⇒ 自信が無いと思っている

  良く思われたい ⇒ 悪い人間、劣っていると思っている

他人の課題をやろうとしない

おはようございます。
お越しいただき、ありがとうございます^^

今日のハッと☆ ならぬ、今日のモヤッとでも書こうかな~

なんとなく夫の元気がなかったんです。

聞いてみたんですが、「別になにもないし、基本こんなもんだよ」って。

そう言われちゃうと、それ以上聞けないし、単にやっぱり私の心の状態がそう感じさせるだけなのかな。

 基本おとなしい⇒(テンション高い妻)⇒テンション上がる夫
 基本おとなしい⇒(テンション低い妻)⇒テンション上がらない夫

 基本、おとなしい? そうだっけ?

私はすぐいっぱいいっぱいになるので、自分の心を観に行って(内観)、夫に心の状態や感じてることを話して(自己開示)、自己信頼が上がって、夫が受け容れてくれて(他者信頼)という一連の事を結婚する前も してからも結構やってきました。

その結果、すごく居心地のいい夫との関係を育てている。。。 と思ってたのに!

もしかして、私だけ?ひとりよがり?

  そう思ったら、そういえば私ばっかり話してるし・・・

  これって、いきなり出て行かれちゃうやつ?

そんなことを思ったら、悲しくなってきました。

で、夫にそんな心の流れを話しました。

すると、少しずつ感じていることを話してくれました。

「結婚したからには しっかりしなきゃ」っていう思いが夫を苦しくさせているんだそうです。

そこで私はつい、

 (私が「しっかりしてくれなきゃ困る」っていうのを知らず知らずに出しているんだろうか)

 (私が悩みを打ち明けにくい空気を出しているんだろうか)

 (私が開示ばっかりしてるから負担なんだろうか)

そんなことを考えました。

でも、 私が影響をする前に、夫がそう感じることを選んでいるし、
夫が影響する前に、私も選んでいるんです。

全員一人残らず望み通り(イメージ通り)の人生を送っているんだそうです。
いいイメージを持っていれば、その通りに、
悪いイメージを持っていれば、その通りに。

だから、夫に起きていることには夫の意図が影響しており、私に起きていることにも、私の意図が影響している。
そして夫には夫の、私には私の課題があります。

そんな風に思った時、夫の課題に首をつっこむのはやめて、私は私の課題をしようと思いました。

私は何が欲しくて、この状況を作り出しているのだろう。

多分、もっと深くつきあいたい。もっと深く理解しあいたいってことかな~

また深まったら書きますね^^

恋愛や結婚に条件を求めると…

おはようございます。
お越しいただき、ありがとうございます^^

先日、友人から「ステキなパートナーの見つけ方を教えて~っ!!」って メールが来ました。

実際に私もすごーく経験があるのですが、頭でっかちになっちゃって、分からなくなっちゃってる人が多いんだな~って、よく感じます。

まず、恐れがある。

  傷つきたくない
 
  受け入れてもらえなかったらどうしよう

そうは言っても、若いうちは 出会いの機会も、アプローチの数もそれなりにあるでしょう。

その時期を過ぎると、頭で考えだします。

  どうしたらベストパートナーに出会えるのか

  結婚するなら、安定した人じゃないと

  優しくて、自分のことを大切にしてくれる人じゃないと

  気が利いて、リーダーシップが取れるひとじゃないと

  子供好きで、家庭を大切にしてくれる人じゃないと

  お金持ちじゃないと

  かっこいい仕事してないと

そして、その時期を過ぎると

  とにかく、自分の事を好きって言ってくれるなら・・・

  とにかく、独身で、彼女がいなくて、ヘンじゃないなら・・・  

  とにかく、普通に仕事してれば・・・

ベストパートナーを探してたはずなのに、だんだん夢も希望も無くなり、ガマン大会みたいに

本来、恋愛も結婚も、楽しいものなはず。

でも、そうじゃない恋愛や結婚をしている人が多いように感じます。

そして、それ以前に、恋愛や結婚自体をする人が減っているそうですね。

私は去年、最高のパートナーと結婚しました。

それまでの恋愛と、夫との恋愛で、圧倒的に違うことがあります。

それは、条件より、居心地を重視したこと。

そうやって言うと、普通ですが、

「この人 居心地がいいから 好きになろう」ってしたんじゃなくて、

「居心地がいいから、一緒に居てみよう」ってしてみた感じでしょうか。

好きになるとか、付き合うとか、結婚するとか、全く考えてなかったな~

とにかく、居心地がいいから楽しんでいた。 

前のことや、先のことを考えるのではなく、今ココに集中し、その瞬間を楽しんでいた。

それは今も続いています^^

幸せには、今この瞬間からなれます。

それは、過去や未来ではなく、今を生きること。 

まず、幸せになる。

そう決意し、今を楽しみ、今を懸命に生きだした瞬間、人は大きく輝きを放ちだし、同じ波動のものが引き寄せられてくるのです^^

ペタしてね

読者登録してね

離れるエネルギー、近づくエネルギー

おはようございます。
お越しいただき、ありがとうございます^^

昨晩家に帰ると、なんだか夫がよそよそしく感じました。

そんな夫に ギクシャクしてる自分もいました。

そして、ごはんも作りたくないし、動きたくない。

そして、なんだか夫も元気がない。

ん~、なんだろ? ん~、ん!!!

原因が分かりました。

昼間に友人から私に相談のメールが来ていました。

相談と言っても、喜ばしいことで、でも迷いがあって、そのゴチャゴチャになっている自分を私に知って欲しかったんだそうです。

私は細かくは聞かずに、「そうなんだね。ゴチャゴチャしても当然だから、今自分に浮かんでる感情をしっかり見てあげてね」「ひとりで困ったら話は聴けるよ」とだけ伝えました。

誰しも、答えは自分の中にあるのです。
アドバイスは要らないんだろうなと。
承認と、安心感があれば、十分なんだろうなと。

そして、家に帰って夫の顔を見た時、共通の友人なので その相談のことが頭に浮かびました。

基本は嬉しいことなので、夫を喜ばせたい気持ちがあったのでしょう。

でも、「整理できるまで内緒にしてね」ってことだったので、もちろん話しません。

で、ここが私の不器用なところなんですが、頭に浮かんだことや感じたことを普段(差し支えなければ)常に口に出しているので、「話さない」と意識すればするほど頭に浮かんできます。

そして、私が無意識にしている対処法は、「殻をかぶる」。

うっかり話さないように、相手から心を離すのです(-_-;)

そう、ギクシャクしてるのは私。

そう気づいたので、夫に、「今内緒にしてることがありまーす!友達に相談されたことを言えないので、それが頭に浮かぶと つい殻をかぶって無意識に離れるエネルギー出してた!ごめんっ(>_<)」と、自分の状況と申し訳ない気持ちだけ伝えました。

「あ~、なんか変だなと思ったら、そういうことだったんだね。 相談の内容は聞かないから大丈夫だよ♡」

相談の内容じゃなくて、自分の状況と感情を話したら、急にスッキリ!!!

さっきまで離れるエネルギー出してたのに、今度は急に夫が愛おしくなってきました(笑)

今日のハッと☆
  無意識に、そして不本意に、離れるエネルギーを出していないですか?  
  

ペタしてね

読者登録してね

自分の声を聞こう

おはようございます。
お越しいただきありがとうございます^^

昨日、友人から相談の電話がありました。

彼女は自分の枠を広げるために 目標設定をして、試行錯誤しながら行動するというチャレンジをしているのですが、私も同じプログラムを卒業しているので、以前彼女に、「あなたらしい行動をして、楽しんでやってね^^」って言ったことがありました。

ところが、同じプログラムに参加した先輩たちから「○○しない方がいい」「□□なやり方はうまくいかないからやめた方がいい」っていうアドバイスをされて、「私らしいってなに?」と迷って行動できなくなってしまったということでした。

それを聞いて思ったこと。

私の言葉を含め、他人からのアドバイスはその人の経験からのもの。 誰にも当てはまるとは限りません。

アドバイスをくれた人は、もちろん自分の為を思って言ってくれているので、気持ちは「ありがとう」ですが、受け取るか受け取らないかは自由です。

でもその人が上手くいかなかったからといって、別の人も上手くいかないとは限りません。

むしろ、人が変われば、それが一番うまくいく方法だということも往々にしてあるはずです。

目標が前を向いている限り、私のオススメは、「しない方がいい」や、「やめた方がいい」という縮小方向のアドバイスは、ありがたーく脇に置かせてもらったらいいかなと思います。

そして、「してみたら?」「した方がいい」という拡大方向のアドバイスは、できればやってみたらいいんじゃないかと。

自分がそれを「やりたくない」と思った場合、それが【恐れ】から来ていないかな~という視点から見てみて、【恐れ】だったとしたら(チャレンジしたい場合は、ですが)「どうしたらできるかな?」と一度想像してみるのがいいかなと思います。

 【恐れ】の奥に、「(怖くても)やってみたい」とか「(怖くても)いいかもしれない」という気持ちをわずかでも発見したら、小さな小さな一歩でもいいので行動してみる。 

そんなことに、私も挑戦中です。

いっぱいできないこともあるけど、それは今時期じゃないってことで…(笑)

一番大事なのは、自分がそのまんまの自分を受け入れるってことなんだもーん^^

ペタしてね

読者登録してね

「人にどう見られるか」という枠

おはようございます。 お越しいただきありがとうございます^^ 先日、コーチでありカウンセラーである夫のセミナーがありました。 結婚してから初めてのセミナーでした。付き合っているときから毎回行っていて、付き合っているとかに関係なく、1ファンとして受講する、1ファンとして応援するという意識だったので、他の参加者の方と同じく、セミナーで持って帰れるものは持って帰ろうとか セミナー自体を楽しもうとしていて、常に私が私らしく受講していました。

それなのに、今回は「妻」を意識しすぎ(笑)みんなもそういう目で見てると意識しすぎ(笑)久しぶりに人見知りの感覚になりました。

最近手放していたと思っていた、「人にどう見られるか」という枠にハマると、こんなにも私は自由でいられないんだと思い出しました。かつての恋愛もそうだったな~。苦しくて不自由で不安がいっぱいだったな~なんて思い出したりもして(笑) 人に、自分以上のものを見せようとすると、気負います。 そして、それを続けると、自分を認められなくなります。 そして、もっと続けると、自分が信じられなくなります。 それが、「自信がない」ということです。 私は私であることが、一番すばらしい。 それを受け入れた瞬間、世界は大きく変わります。 加速し始めます。あ~、うっかり忘れちゃってた!!(笑) 今日のハッと☆   自分以外のものに、なろうとしてないですか?

ペタしてね 読者登録してね

受け取り方は自由

お越しいただき、ありがとうございます^^

先日、久しぶりに会った友人から「やせた?」と聞かれました。

そして翌日、別の人に「結婚して、ちょっとふっくらした?」と聞かれました。

どっちも、「幸せそうで、きれいになったね」って意味だなっ て 勝手に嬉しくなりました(笑)

そう、受け取り方は自由なんです。

事実は普遍ではなく、その人にとっての事実でしかありません。

その人のフィルターを通した事実でしかないんです。

・・・とすると?

どうしよう、褒められてばっかり!!!(笑)

受け取り方は、「こういう受け取り方をしたんだな」と気づけば(客観的に自分の感じたことをみることができれば)、選びなおすことができます。

「○○と受け取ることにしよう」

そう選んだ瞬間、脳が○○な理由を探し始めます。

そして本当にそうなります。

斉藤一人さんの有名な話。

「ツイてる」と言うと、「ツイてる」ことが起きてくる。

「ツイてる」チャンネルに、「ツイてる」出来事が引き寄せられてくるんだそうです。

だから、「褒められてる」チャンネルにしておくんです。 「嬉しい」チャンネルにしておくんです。

そんなことを意識しだして、最初はかなり無理やりでしたが、最近だいぶ身について意識しなくても選んでることが多くなってきました^^

今日、「あんた、キレイになったね。」

うひょ!具体的に引き寄せましたっ(*>∀<*)


ペタしてね

読者登録してね

変な人が書いた成功法則 (講談社+α文庫)/講談社
¥745
Amazon.co.jp

愛を試すとき。

おはようございます。
お越しいただき、ありがとうございます^^

ある日、友人からメールが届きました。

私たち夫婦が招待制で親密な人を招く会を企画しているのですが、その会に行きたい!って度々言ってくれてたので、お誘いしてたんです。
で、先日「来てくれるの嬉しいです^^」と連絡したことへの返事のメールでした。

「行くのを迷っていたんだけど、そう言われちゃったら行きます」と。

ハテ? 行きたいと熱望されたのでお誘いしたはずなのだけど、迷っていたとは…?

(軽く「誘って」って言ってただけだとして、誘われたのが迷惑だったとしたら、「どっちでもいいですよ」って言ってあげた方がいいのかな?)

そんな思いが一瞬浮かびました。

でも私が返したのは、「楽しんで行ってくださいね♪」

するとすぐ、ノリノリなスタンプが送られてきました^^

良かった!

そこで、ハッと☆

相手も「自分が誘ってって言ったばっかりに、誘いたくないのに誘わせてしまったのではないか。迷惑なんじゃないか」と思ったかもしれないと思いました。

人は、愛を試すために、無意識に スネたり 遠ざけたり 怒りを感じることがある。

しかし、相手から愛を返された瞬間、人は愛に還る。

そんな言葉が思い浮かびました。 byハッと☆ハッピー よしこ

伝わるかな?

今日のハッと☆ 
  迷った時、愛を返していますか?

ペタしてね

読者登録してね