ブログ

自分の声を聞こう

おはようございます。
お越しいただきありがとうございます^^

昨日、友人から相談の電話がありました。

彼女は自分の枠を広げるために 目標設定をして、試行錯誤しながら行動するというチャレンジをしているのですが、私も同じプログラムを卒業しているので、以前彼女に、「あなたらしい行動をして、楽しんでやってね^^」って言ったことがありました。

ところが、同じプログラムに参加した先輩たちから「○○しない方がいい」「□□なやり方はうまくいかないからやめた方がいい」っていうアドバイスをされて、「私らしいってなに?」と迷って行動できなくなってしまったということでした。

それを聞いて思ったこと。

私の言葉を含め、他人からのアドバイスはその人の経験からのもの。 誰にも当てはまるとは限りません。

アドバイスをくれた人は、もちろん自分の為を思って言ってくれているので、気持ちは「ありがとう」ですが、受け取るか受け取らないかは自由です。

でもその人が上手くいかなかったからといって、別の人も上手くいかないとは限りません。

むしろ、人が変われば、それが一番うまくいく方法だということも往々にしてあるはずです。

目標が前を向いている限り、私のオススメは、「しない方がいい」や、「やめた方がいい」という縮小方向のアドバイスは、ありがたーく脇に置かせてもらったらいいかなと思います。

そして、「してみたら?」「した方がいい」という拡大方向のアドバイスは、できればやってみたらいいんじゃないかと。

自分がそれを「やりたくない」と思った場合、それが【恐れ】から来ていないかな~という視点から見てみて、【恐れ】だったとしたら(チャレンジしたい場合は、ですが)「どうしたらできるかな?」と一度想像してみるのがいいかなと思います。

 【恐れ】の奥に、「(怖くても)やってみたい」とか「(怖くても)いいかもしれない」という気持ちをわずかでも発見したら、小さな小さな一歩でもいいので行動してみる。 

そんなことに、私も挑戦中です。

いっぱいできないこともあるけど、それは今時期じゃないってことで…(笑)

一番大事なのは、自分がそのまんまの自分を受け入れるってことなんだもーん^^

ペタしてね

読者登録してね

「人にどう見られるか」という枠

おはようございます。 お越しいただきありがとうございます^^ 先日、コーチでありカウンセラーである夫のセミナーがありました。 結婚してから初めてのセミナーでした。付き合っているときから毎回行っていて、付き合っているとかに関係なく、1ファンとして受講する、1ファンとして応援するという意識だったので、他の参加者の方と同じく、セミナーで持って帰れるものは持って帰ろうとか セミナー自体を楽しもうとしていて、常に私が私らしく受講していました。

それなのに、今回は「妻」を意識しすぎ(笑)みんなもそういう目で見てると意識しすぎ(笑)久しぶりに人見知りの感覚になりました。

最近手放していたと思っていた、「人にどう見られるか」という枠にハマると、こんなにも私は自由でいられないんだと思い出しました。かつての恋愛もそうだったな~。苦しくて不自由で不安がいっぱいだったな~なんて思い出したりもして(笑) 人に、自分以上のものを見せようとすると、気負います。 そして、それを続けると、自分を認められなくなります。 そして、もっと続けると、自分が信じられなくなります。 それが、「自信がない」ということです。 私は私であることが、一番すばらしい。 それを受け入れた瞬間、世界は大きく変わります。 加速し始めます。あ~、うっかり忘れちゃってた!!(笑) 今日のハッと☆   自分以外のものに、なろうとしてないですか?

ペタしてね 読者登録してね

受け取り方は自由

お越しいただき、ありがとうございます^^

先日、久しぶりに会った友人から「やせた?」と聞かれました。

そして翌日、別の人に「結婚して、ちょっとふっくらした?」と聞かれました。

どっちも、「幸せそうで、きれいになったね」って意味だなっ て 勝手に嬉しくなりました(笑)

そう、受け取り方は自由なんです。

事実は普遍ではなく、その人にとっての事実でしかありません。

その人のフィルターを通した事実でしかないんです。

・・・とすると?

どうしよう、褒められてばっかり!!!(笑)

受け取り方は、「こういう受け取り方をしたんだな」と気づけば(客観的に自分の感じたことをみることができれば)、選びなおすことができます。

「○○と受け取ることにしよう」

そう選んだ瞬間、脳が○○な理由を探し始めます。

そして本当にそうなります。

斉藤一人さんの有名な話。

「ツイてる」と言うと、「ツイてる」ことが起きてくる。

「ツイてる」チャンネルに、「ツイてる」出来事が引き寄せられてくるんだそうです。

だから、「褒められてる」チャンネルにしておくんです。 「嬉しい」チャンネルにしておくんです。

そんなことを意識しだして、最初はかなり無理やりでしたが、最近だいぶ身について意識しなくても選んでることが多くなってきました^^

今日、「あんた、キレイになったね。」

うひょ!具体的に引き寄せましたっ(*>∀<*)


ペタしてね

読者登録してね

変な人が書いた成功法則 (講談社+α文庫)/講談社
¥745
Amazon.co.jp

愛を試すとき。

おはようございます。
お越しいただき、ありがとうございます^^

ある日、友人からメールが届きました。

私たち夫婦が招待制で親密な人を招く会を企画しているのですが、その会に行きたい!って度々言ってくれてたので、お誘いしてたんです。
で、先日「来てくれるの嬉しいです^^」と連絡したことへの返事のメールでした。

「行くのを迷っていたんだけど、そう言われちゃったら行きます」と。

ハテ? 行きたいと熱望されたのでお誘いしたはずなのだけど、迷っていたとは…?

(軽く「誘って」って言ってただけだとして、誘われたのが迷惑だったとしたら、「どっちでもいいですよ」って言ってあげた方がいいのかな?)

そんな思いが一瞬浮かびました。

でも私が返したのは、「楽しんで行ってくださいね♪」

するとすぐ、ノリノリなスタンプが送られてきました^^

良かった!

そこで、ハッと☆

相手も「自分が誘ってって言ったばっかりに、誘いたくないのに誘わせてしまったのではないか。迷惑なんじゃないか」と思ったかもしれないと思いました。

人は、愛を試すために、無意識に スネたり 遠ざけたり 怒りを感じることがある。

しかし、相手から愛を返された瞬間、人は愛に還る。

そんな言葉が思い浮かびました。 byハッと☆ハッピー よしこ

伝わるかな?

今日のハッと☆ 
  迷った時、愛を返していますか?

ペタしてね

読者登録してね

感情には目的がある

「感情には目的がある」

今、アドラーの赤い本を読んでいます。

感情には、例外なく目的が先にあり、それを手に入れようとするために感情を使っているのだそうです。

先日、夫に対して感じたできごと。

夫は、カウンセリングやコーチングのお仕事をしているのですが、その日の夜も家でコーチングセッションをしていました。

セッションが終わりリビングに戻ってくると、夫はかなり頭が活性化していてテンション高め。
私はその時間には就寝に向かいたくて、そろそろ眠いしお風呂に入るなどして眠りにつきたい。

テンションが合いません。

頭では、夫にとって大切なお仕事だし、二人の将来にも重要なことと分かってはいるのですがなんだかモヤモヤイラッ。

その感情を探っていました。

(待ってたのに、なんでまだお風呂に入ろうとしないんだろう)ってイラっとしてる。

(夫が知りたがってたことをセッションの間に調べたのに他にやりたいことがありそうで話し出せない)ってモヤっとしてる。ちょっと悲しくなってる。

ん~、感情に目的がある としたら、その目的はなんだろう。

(イラッとすることで、私に注目してほしい)

うん、これだな。

本当の目的 はなんだろう。

(調べたことを喜んでほしいし、褒めてほしい)

(私の話も聴いてほしい)

注目して欲しくて、構ってほしい。これを実現するために、
怒りをねつ造 したんだ!!!

同じくアドラーの「嫌われる勇気」に書いてあった表現!こういうことか。

無意味~(笑)

「構ってほしい」に気づかずに、怒りを持った態度をしていたり怒りをぶつけたりなんて、なんて非生産的。

それに気づいたので、「(自己)開示しまーす!私、怒りをねつ造してました!!構ってほしかっただけなのに、ごめんね。」と、夫に報告しました(笑)

そういう私に、夫は「いつも報告してくれてありがとね♡」

また深まりました♡

今日のハッと☆ 
  あなたのその感情、目的はなんですか?

アルフレッド・アドラー 人生に革命が起きる100の言葉/小倉 広
¥1,728
Amazon.co.jp

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え/岸見 一郎
¥1,620
Amazon.co.jp

はじめまして。

はじめまして。

ハッと☆ハッピーよしこです。

今まで、自己啓発、宇宙の真理講座、瞑想会、カウンセラー養成講座で心理学とコミュニケーション(カウンセリング、コーチング、スピリチュアル、各種療法を含む)、哲学講座で個の発展などを学んできました。

現在は、日々に起こるいろんな感情に向き合い、カウンセラーでありコーチである夫とセッションをしながら、知らず知らずに抱えていた思い込みや観念に気づいて手放していっています。

ある時のモヤモヤ・イライラから、「ハッ」と気づくことによって訪れる一足飛びの幸福。 それは一時的には終わりません。 日々、階段を上っていくように、どんどん幸せが充満してあふれ出すのです。

2014年12月までのブログはこちらです。
人生をより楽しむ、私なりの方法。