なぜか結果が出る人の秘訣。

幸せ夫婦 リュウとよしこのよしこです。

今日もお読みいただき、ありがとうございます♡

 

 

自分ことって、

よくわからないと思いませんか?

 

 

カウンセラーやコーチであっても、

自分のこと、身内のことになると

わかりづらいのが普通です。

 

 

だから、話を聴くプロなのにもかかわらず、

パートナーに

「なんで私の話は聴けないの!」

と怒られるという話をたびたび聞きます。

 

 

それくらい、自分のことになると

いつものクセ、考え方が出てしまうのです。

 

 

言い方を変えると、

近視眼的というのは、

考え方や視点が固定されている

ということです。

 

 

誰でも自分のフィルターを通して

物事を見ているので、

 

その自分フィルターにかけたまま

今までうまくいかなかったことが

うまくいくことはありません。

 

 

例えば、

 

パートナーシップで困っている方から、

「なんて言ったらいいですか?」

「どう伝えたらいいですか?」

と、よく質問されます。

 

 

そこで、

『なにを言うかではないですよー』

『こういう在り方が重要です』

と、在り方の部分をお伝えして、

 

 

その後、

『その上で、こんな風に伝えると伝わりやすい』

という伝え方をお伝えするようにしています。

 

 

なにを言うか、なにをするかより、

『どうあるか』

『どんな在り方で何をするか』

の方がずっと大事です。

 

 

割合でいうと、

在り方9割だと思っています。

 

 

それでも、

自分フィルターを通して聞くのが普通なので、

その時はわかったように感じても

「どんなやり方をしたらいいですか?」

と、また、やり方にこだわったりしてしまいます。

 

 

これが、やり方だけ伝えたとしたら、

 

在り方にはまったく意識がいきません。

 

 

自分フィルターは、誰にでもあります。

 

もちろん、私にもあります。

 

 

だから、

 

『フィルターを通している』

 

という意識が必要なのです。

 

 

「在り方はできてます。だからうまくいくやり方だけ教えてください」

 

と言われることもあります。

 

 

在り方を変える気がないのです。

 

 

でももし、今の状況が

 

うまく行ってないとしたら、

 

その在り方は

 

うまくいかない在り方なのです。

 

 

だとしたら、変えたくありませんか?

 

 

とはいえ、以前は私も

 

『自分を変えるのは嫌だ』

 

とスネたり、

 

 

『こうした方がいい』と言われると

 

『私ができてないってこと?』と

 

ムカついていたタイプです(苦笑)

 

 

だから、

 

 

なるべく相手に抵抗が起きないように

 

意識はしているのですが、

それでも、過去の私がそうだったように

 

抵抗を感じやすい方はいらっしゃいます。

 

(その都度抵抗を減らし、自ら在り方を変えられる方が多いです)

 

 

統計的に、

 

抵抗をする方は、

 

欲しい結果を手に入れるのが

 

遅くなる傾向にあります。

 

 

そういう方にお会いすると、

 

「あー、私もこうだったなぁ。」

 

と思いながら、

 

 

「リュウさんは違ったなぁ。」

 

と、思い出すのです。

 

 

リュウさんは、本当に素直でした。

 

 

同じ先生に習っていた5ー6年前、

 

私はじめ、多くの生徒が

 

『自分はそうは思わない』

 

『自分には難しそう』

 

『否定された』

 

と反応して、

 

できない理由を並べて抵抗していたのに対し、

 

リュウさんは、

 

『それがいい方法ならやってみよう』

 

と常に素直だったのです。

 

 

まるで、自分を無にして

 

いいことをどんどん吸収していく

 

スポンジのようでした。

 

 

実際、行動が早く

 

誰よりもたくさんの人と関わり、

 

その講座のMVPに選ばれていました。

 

 

そんなリュウさんが

 

眩しくもありました。

 

 

素直になれるって、

 

なんていいんだろう。

 

うらやましい。

 

 

劣等感さえ、感じました。

 

でも、最近は思うのです。

 

『本当はどうなりたいか』

が明確にあることが大切なのです。

 

『本当はどうなりたい』がはっきりして、

目標を立てたら、

もう、ゴチャゴチャ言っている

ヒマはありません。

 

 

叶えたい目標のために

自分の人生のために

幸せにしたい誰かのために

以前の在り方に

執着している場合じゃなくなります。

 

目標に、腹が決まると、

 

自然に素直になれるのです。

 

この

『本当はどうなりたいか』

が明確でなかったり、

 

 

立てた目標が評価の為だったり

 

立てた目標に抵抗感がありすぎると

 

抵抗したくなります。

 

 

自分を無にするというのは

フタをするとか

 

自分を後回しにする

ということではありません。

 

抵抗感が出たら、

 

それはちゃんと受け止め、

 

抵抗の中身を確認することも必要でしょう。

 

 

そして、

 

抵抗を選択するのもOK、

 

抵抗を捨てる選択をするのもOKです。

 

 

ようは、全自動でなく、

 

『選んでいる』ということを

 

自覚したいのです。

 

 

固執することを

 

『選んでいる』としたら?

 

他の選択に変えることも可能になるのです。

 

 

『選択していない』ということは

 

なにが降り掛かっても、

 

自分には変える力がないということ。

 

幸せになるかどうかは

 

誰かや偶然に任せるしか無くなるのです。

 

『選択している』としたら?

 

あなたはどの在り方を選ぶでしょうか?

 

これが【幸せ体質】に進む秘訣です(^-^)

 

今日も幸せ♡

ありがとうございます(*^^*)

 

 

——————————

大好評!

完全無料7日間メール講座講座

『【幸せ体質メソッド!】未来から届く恋愛♡方程式プログラム』

好評につき、動画プレゼント継続中!

登録はこちら。

https://goo.gl/WgRo4t

——————————

 

必要としている方のためにシェアをお願いしますm(_ _)m