幸せ恋愛を邪魔するもの。

幸せ夫婦 リュウとよしこ のよしこです。

今日もお読みいただき、ありがとうございます♡

——————————

お客様の声:鈴木 高一さん(仮名)30代男性

【牢獄から出ます!】

初めは彼女が必要としてくれるのが心地良かったのですが

だんだん彼女の締め付けがひどくなり、自由がなくなり、

大きなケンカが増えてヘトヘトでした。

リュウとよしこさんのところで、彼女との関係が

小さい頃の私と母親の関係が影響していると知り、驚きました。

実は彼女にも、母親にも、私が依存していたのです。

これからは、自分をしばっていたルールから自由になり、

自分の人生を始めると決めました!

もう、この牢獄から出ます!(笑)

——————————

 

「幸せな恋愛がしたい」

「幸せな結婚がしたい」と

相談を受けることが多いのですが、

幸せなパートナーシップに、邪魔するものがあります。

 

それは、【依存心】です。

 

これは、恋人やパートナーに対する依存心ももちろんそうなのですが、

実は、【本丸】となるのは、親なのです。

 

なぜパートナーに依存してしまうかというと、

親から自立できていないからです。

 

なぜ、親から自立できていないと、

パートナーに依存してしまうのでしょうか。

 

『自分の人生を自分で生きる』という発想がないせいかもしれません。

 

誰かの価値観で生きていると、自分でなにかを決めることができません。

 

例えば、なにかを自分で決めて、失敗したとします。

 

自分の人生を生きている人にとっては、例え失敗したとしても、

その経験を活かして人生のリソース(資源)にしたり、

人生を好転させる機会にしていくので、人生全体で見るといいことなのです。

 

でも、他人の価値観で生きている人にとっては、失敗を必要以上に恐れます。

そして、失敗したことを、親から怒られる体験や嫌な体験としてとどめてしまい、

活かすことができず、より失敗しないように制限をかけていきます。

 

すると人生が先細りになり、年々苦しくなっていきます。

 

やりたいことがあったとしても、制限をかけながら、

失敗を必要以上に恐れながらでは、

うまくいくはずのものも、長期的にうまく行かせるのは困難でしょう。

 

だから、自分の人生を始めるためには、『親から自立する決意』が必要です。

 

これは、『親を大切にしない』ということではありません。

 

子どもが自ら自立するということは、ご両親が自分の人生を生きる機会にもなるのです。

 

私は誰もが自分の人生を生きることが健全な関係だと思っています。

 

そして、親との関係が悪く、

頼っていないから自立していると考えている方がいらっしゃいますが、

これも実は自立とはとらえていません。

 

関係が悪いというのは、

まだなにかの思い込みや感情にとらわれている、

その思い込みや感情にしばられていて、自由ではないからです。

 

私は、お互いに自分の人生を生き、

いざどちらかが困ったときには力になる信頼関係が

自立ではないかととらえています。

 

パートナーシップにおいても、

自分の人生を生きていないと、

年々愛が深まるパートナーシップとはならないでしょう。

 

お互いが自分の人生を生きながら、一緒にいることでより人生が輝く。

そんな関係を広げたいと思っています。

 

なかなか自立できない場合は、

8歳くらいまでに作られた思い込みやマイルールが

深く関係していることも多々あります。

 

だから、頭では自立したい、したほうがいいとわかっているのに、

できない方がほとんどなのです。

 

深く刻まれた思い込みやマイルールは、

意志とは無関係に働いていて、私たちの人生を作っています。

 

思い込みやマイルールにしばられた人生になるか、

思い込みやマイルールをうまく利用して自分の人生を生きるかで

人生はまったく変わります。

 

恋愛がなかなかうまく行かない、

自分の人生が変えたいけど変わっていかないという方は、

【幸せ体質メソッド】をオススメします。

 

思った以上に早く、欲しい未来が手に入りますよ♪

 

今日も幸せ♡

ありがとうございます(*^^*)

 

——————————

大好評!

完全無料7日間メール講座講座

『【幸せ体質メソッド!】未来から届く恋愛♡方程式プログラム』

好評につき、動画プレゼント継続中!

登録はこちら。

https://goo.gl/WgRo4t

——————————

 

必要としている方のためにシェアをお願いしますm(_ _)m