自由が欲しいというけど、自由ってどういうこと?

こんにちは。

 

幸せ夫婦リュウとよしこのよしこです。

 

今日もお越しいただき、ありがとうございます♡

 

——————————

お客様の声:狩野倫子さん(仮名)40代女性

【自由だと思ってたけど不自由でした。】

 

私は周りから、

「自由だね」と言われることが多かったです。

やりたいことをやっていたのでそう見えていたようです。

私自身もなるべく自由にしようとしていました。

でも本当はいつも、人のことが気になっていました。

なにかあると、

「嫌われたかもしれない」と心配で仕方なかったのです。

私は私のことをなかなか信じられなかったのですが、

リュウとよしこのお二人がずっと私のことを

信じてくれたので、私もある日、

自分の中に完全な自分の味方ができました。

今までいろんな講座に行きましたが、

この感覚は初めてなので驚きました。

——————————

 

なにに『自由』を感じるかは

 

人それぞれです。

 

 

 

私は、初めて車を持った時、

 

「どこにでも自分で行ける!自由だ!」

 

と、思いました。

 

 

 

そして、

 

交通網の発達した場所に引っ越して

 

車を手離したとき、

 

「いつでもお酒が飲める!自由だ!」

 

と、思いました。

 

(超がつくほどの、お酒好きでした)

 

 

 

その後、夫婦でお酒をやめて、

 

完全にいらなくなった時、

 

「お酒のこと考えなくていいって、なんて自由なんだ!」

 

と、思いました。

 

 

 

私にとっての『これが自由』というものが

 

どんどん変化して行ったのです。

 

 

 

今の私にとっての自由は、

 

より魂(使命・天命)に生きられることであり、

 

かつ、『選べる』状態にあることです。

 

 

 

なにかがあるから、

 

なにかを手離すから

 

自由なのではなく、

 

やっぱり、

 

『選べる』というのが

 

一番自由で、重要だなと思うのです。

 

 

 

つまり、

 

『選択肢が無い』

 

に感じている場合に、

 

『不自由』だと感じるのです。

 

(一つの選択肢でも、選択肢が無いと感じて無ければ不自由は感じません。)

 

 

 

感情もそうです。

 

感情を選べないと不自由になります。

 

 

 

イライラに振り回されてしまう。

 

悲しみに襲われてしまう。

 

気分が沈んで立て直せない。

 

 

 

そんな時は不自由を感じるでしょう。

 

 

 

もしかしたら

 

「大きい声で笑うな!うるさい!!」

 

とか、

 

面白がらせようとサービス精神だったのに

 

「そんなこと言ってないで○○しなさい」

 

と言われたこともあるかもしれませんね。

 

 

 

感情を選ぶというのは、

 

がまんするということではありません。

 

 

 

がまんする場合、

 

・イラっとしてはいけない

 

・怒ってはいけない

 

・悲しんではいけない

 

と、

 

「感情があってはいけない」

 

と思っています。

 

だからガマンするし切り替えようとするのです。

 

 

 

一方、選択する場合は、

 

感情があることを、受け容れていきます。

 

だって、あるんだもん(笑)

 

 

—-

 

(例)

 

イラッ

 

 

あれ?今イラッとしたなぁ

 

 

八つ当たりされたのが嫌だったんだな

 

(ここでだいたい怒りは収まっている)

 

 

じゃあ、イラッとしても無理ないよね

 

—-

 

 

 

感情がのった状態では、選択はできません。

 

 

 

だから一般的には抑えようとするのですが、

 

抑えたところで、

 

苦しくなったり

 

余計にたまったり

 

場合によっては病気になったりもします。

 

 

 

抑えるのではなく、

 

・あることに気づく

 

・あることを認める

 

・あることを受け容れる

 

です。

 

 

 

すると、選択する余地が出てきます。

 

 

 

(フラットな状態で)

 

・いい気分を選ぶ

 

・上司は何かあったのかなぁと視点を変える

 

(イラッ→私が原因で怒られた。視点を変える→上司は上司の理由で起こっている)

 

(感情がのっていると、「お前の都合で八つ当たりするな!」と選択できない)

 

・今は(上司)大変そうだから、あとで聞いてあげよう(あとで要望を言おう)

 

なんてこともできるかもしれません。

 

 

 

ちょっとむずかしい場面もあるかもしれませんが、

 

これができるととっても『自由』ですよね。

 

どこにいても、誰といても、自由でいられます。

 

 

 

これをするのに、やっぱり一番大切なのが

 

『自分との関係』です。

 

 

 

自分が自分の味方でなければ、

 

一見いやな感情を、

 

なかなか「あっていいよ」とは

 

しづらいのです。

 

 

 

逆に、自分が味方なら

 

いつだって選択肢はたくさんあります!

 

 

 

自分が自分の一番の味方になって、

 

自由な人生を歩んでいきましょう!

 

 

 

今日も幸せ♡

ありがとうございます(*^^*)